blog

hiraitakahiro

粘土質の畑にはサブソイラ? »

水捌けに関する記事ばかり(耕すということ)でもう飽き飽きだと思いますが(笑)、先月プラソイラを借りることが出来ましたので畑で試しました。 そもそもプラソイラ?サブソイラ?と一般の人は知らないと思いますので、簡単に説明をします。 サブソイラとは~ ナイフのような刃を土の中に突き刺しながら進んでいきます。 水捌けについて調

hiraitakahiro

時期で大きく違う育苗の落とし穴 »

今年で3年目に入りますが、毎度のことながら育苗には神経を使います。 そんな私の大失敗を公開!!…(-_-;) これは元レタスだったものですね。 葉が枯れてパリパリになってしまいました。 これはインゲンですが、ため息しか出ません。 トレー一枚全滅。 そして何より痛いのは夏野菜が大ダメージを受けてしまったことで

hiraitakahiro

春の農園便り »

春の嵐が吹き荒れた日本列島よりこんにちは♪ 草もぐんぐん伸びてくる季節になりまして、本格的に農機を使う季節突入です。 農機を使う前にまずはメンテナンス。 1年間使ったかな? 耕し残しが目立つようになりましたので、刃をチェックするとかなり擦り減っていました。 気持ち新たにすべて新しい刃に交換し耕すと、 よしよし、ちゃんと

hiraitakahiro

植物工場の可能性 »

植物工場は多額の投資に対して商品単価は高くても200円そこそこの野菜(卸値は当然もっと安い)。 当然リターンが少ないので大量生産、大量販売が必須条件です。 しかし全体の75%が赤字とも言われ、補助金を投入した宮城県仙台の植物工場、農林水産省と経済産業省も力を注いだ大手も倒産。 今回はそんな問題が多い植物工場について考え

hiraitakahiro

自然から学ぶ生き方 »

先日同級生と飲んでいるときに私の話になりました。 その中での会話、 「起業するには(農業を始めるには)遅すぎる。」 一般的には35歳で肉体的に衰えてきますので、プレイヤーとしての一区切りとなる年齢。 そこからは人を育てる側に回らないと生きていけないよ~、なんて言われます。 35歳までにある程度基盤を作り、そこからは売上

hiraitakahiro

F1と遺伝子組み換えとゲノム編集と野菜 »

有機農業を学ぶ上で避けては通れないテーマ、遺伝子組み換え。 スーパーでもよく見ますよね? 「遺伝子組み換えでない」 というパッケージに書かれた表示(ビオってなんだ?)。 今回はそんな遺伝子組み換えからその先の技術でもあるゲノム編集について、書いていきたいと思います。 遺伝子組み換えの前に 遺伝子組み換えの前にF1種と言

hiraitakahiro

一年中野菜を出荷するために »

春の訪れ、つくしも出てきましたね。 昨年4月にはニンジン、カブ、ダイコンと飲食店様へは販売を開始、葉物が中盤に揃って野菜セットの販売をスタートできたのですが、今年は野菜の生育スピードが遅い! それに昨年満足に作付けが出来なかったのもあり、慢性的な野菜不足に陥っています。 ある程度作っても買っていただける安心感はあります

hiraitakahiro

たった150万円で1年を売ってはいけない »

何度も過去に書いてきました青年就農給付金(新規就農の手引き(有機農家ver)が変わるようです。 簡単に説明しますと、条件はありますが国から年間150万円を一定期間給付しますから農業しませんか?という制度。 農林水産省のホームページには書いてないのではっきりとしたことは言えませんが、現場の話(ぼかします)では青年就農給付

hiraitakahiro

ガッテン農法(監修三浦伸章)を読みました »

先日のブログに出てきたMさんとは三浦さんのことです。 過去にも別の方の本をこちらで紹介させていただきましたが、それらとはまた違った驚きが始まりから終わりまで・・・凄いの一言! そんな三浦さんの本を著作権に気をつけながら思ったことを書いていきたいと思います。 何気ない作業の理由がここにある 世の中には様々な栽培方法、そし

hiraitakahiro

宅配と有機野菜 »

有機農家が野菜を個人様や飲食店様に直接お届けというスタイルはかなり多いんですね。 しかし、昨今の個人宅配増加を受けて大手ヤマトさんは値上げの検討を始めたみたい。 いつもヤマトさんにはお世話になっておりますし、ヤマトさんがいなかったら宅配を始めることは難しかったでしょう。 それぐらい私のような形態をとる農家にとってなくて

hiraitakahiro

自然とネットと匿名性 »

私が10代の頃にネットはとてもお金がかかる行為でした。 パソコンは7インチのフロッピーディスク(だったかな?)に対応し、ネットなんてしている人がいない時代に父は50万円以上出してパソコンを購入。 今の若い子はビックリするかもしれませんが、当時はそれぐらいパソコンが高級品だったんですよ。 パソコンからスマホへ 誰でもパソ

hiraitakahiro

自然栽培勉強会 »

最近何をしているのかというと育苗だよ~と言いましたが、それ以外にも農家にとって今の時期は比較的時間に余裕があるのでいろんな勉強会に行っています。 wiki先生によると、 自然農法(しぜんのうほう)とは、不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)を特徴とする農法。 とあ