hiraitakahiro

こどもの味覚を信じよう

ピーマンや人参、苦手な子どもが多いですよね。
私もピーマン、人参、グリーンピースなど野菜自体が美味しいと感じることもなく、どちらかと言わなくても苦手な子どもでした。
幼稚園の頃から給食が大の苦手、居残り組の常連だったので、きれいに給食を食べ終わってすぐに外へ遊びに行く友達が本当に羨ましかったのを覚えております。
家で出てくるご飯も野菜自体に手をつけずに、ハンバーグなどの動物性たんぱく質ばかり摂取していたせいもあり、今はそこまで荒れてはいませんが当時思春期真っ盛りだった私の肌を直撃し、とても悩んだ思い出があります。
身体は食べ物から出来てますので、そこをしっかりと理解していれば少しは変わったかもしれませんね。

それではなぜ幼い頃の私が野菜を嫌いだったのか考えてみます。
ピーマンは苦くて何が美味しいのかわからない。
人参は独特の臭みがあってまずい。
グリーンピースはぐちゅぐちゅして、食感も最悪でまずい。

例えばピーマンの苦いから嫌い。
なぜ苦いのが嫌いなのか、それは生物としての本能で、苦いものは毒があるということを知っているから避けるのです。
苦い=毒という本能はその後経験を重ね、この苦味は毒ではないと知り食べられるようになります
最初からわさびが好きな子どもは(某アニメでいますね)まずいないでしょうが、大人でわさびが好きな方は多いはずです。
それを踏まえて言えば、苦いものやわさびのような特殊なものが苦手だと言うことは味覚が子どものまま、経験をすることを避けてきた結果かもしれません。

それよりも美味しくないと感じるから食べない(こちらもどうぞ)、ただこれだけなんです。
私が幼少期には野菜を好きなんていう子どもは周りに一人もいませんでしたが、今は子どもも野菜が好きなんですという家庭が増えていると感じております。
それは単純に野菜自体が変化しているのではないかなと。

野菜は進化し、より美味しくより安定して出荷できる品種を研究し続けており、昔の野菜とは比べ物にならないぐらいの変化を遂げています。
ただそれは食べやすさを重視するあまり、野菜独特の風味や栄養素を犠牲にしてしまっているのがスーパーの野菜なのかもしれません。
年配の方から聞かれるのが、

「昔のような青臭さというか、野菜独特の風味が全然感じられない。味が薄くて水っぽい。」

私も外食時に食べるサラダは特にその傾向が強く、野菜を食べているのではなくドレッシングを食べている感覚に近いものがあります。
それで野菜を食べて健康に良い生活をしていると錯覚しているわけですから、何とも複雑な気持ちになります。
そして昔と比べると野菜自体の栄養素も少なくなってきているみたいですし、野菜を食べさせることが栄養の摂取を目的としているのであれば、野菜自体を変える必要があるのかもしれません。

それらを大人が無理して食べさせる必要はなく、食べることができる野菜から少しずつ食べていけばよいのではないかと思います。
そしてなにより美味しい野菜を食べることが前提。
これは美味しいですよ!と大人に勧めれば、美味しいですと(大人の事情から)言うに決まってますが、子どもはとても正直で、まずければ不味いと言いますし、言わなくても表情にでます。
その子が美味しいと思う野菜を探してみて下さい。
本当に嫌いなのは不味い人参であって美味しい人参は好きなんです。
そんな不味い人参を好き嫌いを言うなと無理やり食べさせては、私のように野菜嫌い人間を育てることになってしまいますのでお気をつけ下さい。

まとめ
野菜を食べることが健康に良いのではなく、栄養素に満ちた野菜を食べることが健康に良い。
子どもがピーマン、人参など嫌いな野菜があるのであれば、いろんなところで作られたピーマン、人参を食べさせてみる。
そもそも嫌いなら嫌いで現代では不自由なく暮らしていけます。
しかしいろんな野菜を食べることが出来ることは、いろんな味覚を持ちいろんな食事を楽しめることです。
きっと豊かな人生を送ることができると思いますよ。

 

あ、それとグリーンピースに関しては採りたてを食べてみて下さい。
絶対にグリーンピースが好きになります♪(実体験)