hiraitakahiro

春の農園便り »

春の嵐が吹き荒れた日本列島よりこんにちは♪ 草もぐんぐん伸びてくる季節になりまして、本格的に農機を使う季節突入です。 農機を使う前にまずはメンテナンス。 1年間使ったかな? 耕し残しが目立つようになりましたので、刃をチェックするとかなり擦り減っていました。 気持ち新たにすべて新しい刃に交換し耕すと、 よしよし、ちゃんと

hiraitakahiro

植物工場の可能性 »

植物工場は多額の投資に対して商品単価は高くても200円そこそこの野菜(卸値は当然もっと安い)。 当然リターンが少ないので大量生産、大量販売が必須条件です。 しかし全体の75%が赤字とも言われ、補助金を投入した宮城県仙台の植物工場、農林水産省と経済産業省も力を注いだ大手も倒産。 今回はそんな問題が多い植物工場について考え

hiraitakahiro

自然から学ぶ生き方 »

先日同級生と飲んでいるときに私の話になりました。 その中での会話、 「起業するには(農業を始めるには)遅すぎる。」 一般的には35歳で肉体的に衰えてきますので、プレイヤーとしての一区切りとなる年齢。 そこからは人を育てる側に回らないと生きていけないよ~、なんて言われます。 35歳までにある程度基盤を作り、そこからは売上

hiraitakahiro

F1と遺伝子組み換えとゲノム編集と野菜 »

有機農業を学ぶ上で避けては通れないテーマ、遺伝子組み換え。 スーパーでもよく見ますよね? 「遺伝子組み換えでない」 というパッケージに書かれた表示(ビオってなんだ?)。 今回はそんな遺伝子組み換えからその先の技術でもあるゲノム編集について、書いていきたいと思います。 遺伝子組み換えの前に 遺伝子組み換えの前にF1種と言