hiraitakahiro

ここが変だよ公務員

こちらの記事(農家から見た公務員)で普及員の方について触れましたが、最近その方から頻繁に電話がかかってきます。
本人に伝えなくてよいですと伝えましたが、しっかりと伝えてくれたみたいですね。

そのおかげで話をする機会ができましたが、私のことを知らないに等しい状態でしたのでいろんな誤解が生まれました。

私が普及員に求めるもの


私が普及員の方に求めるのは優秀な農家の情報(栽培技術含む)。

優秀な農家とはしっかりと利益を上げている農家のことです。
利益を上げるとは(ブラックな方法は除く)作業効率が良いということですので栽培技術の高さは当たり前、経営センスがあるということ。

そんな優秀な農家には行政の人が数多く出入りしますので、そこで得た情報を提供していただけると平井は喜びます(笑)

慣行農法でも農薬はタブー!?


私の考える優秀な農家の情報が欲しいことを伝えると、要望に応えられるかどうかという微妙なお答えをいただいたので(有機栽培に明るくないと思われる)、
「それなら私が知らない農薬について教えてほしい。多治見で営農している農家さんの誰でも良いので使っている農薬と散布回数を知りたいんですが。」

それに対してはお答えできないと言われました。
理由は農薬の危険性を煽って無農薬野菜をPRするのに使うと思うから。

質問を変えました。
「私が農家ではなく、一般人として質問しても同じようにお答えされるのですか?」

・・・確かに教えないのはおかしいですね、私が間違ってましたと言われましたが、私のイメージってそんなだったのね(;・∀・)

確認をとってからお伝えできるのであればお伝えするというところで落ち着きましたが、そんなに農薬のことって聞いちゃいけないのでしょうか?

私の考えはすべてホームページに書いてありますが、見たことがあるのか聞いてみると1回ぐらいとのことでした。

ということは、有機農家に対して農薬を悪者にして有機野菜を売ると思っているということです。
間違いではありませんし、実際そんな人が多いので普及員の方は何もおかしくないとは思います、が…

一番の問題は私の担当になって4ヵ月、私のことを何も知らない調べないで今日まで来た事。

なぜホームページを見ないかと聞くと、個人的にネットが好きじゃないみたいです。

好きじゃないでネット使わなくて済むのであれば、世の中のサラリーマンがこんなに病んでいません。
仕事に好きも嫌いもなく、やらなくてはいけませんからね。

前任の方は「これブログに書けるよ!」とネタをいろいろと提供してくれましたが、後任の方も(別の意味で)提供してくれています。

公務員に営業を聞くべからず


商売で大切なのは商材であることは間違いありませんが、営業がしっかりとしなければ経営が成り立ちません。

私にも同じことが言えますが、シェフと話をするときはまずホームページをチェック!
なぜかでかい会社との取引が多く(個人店様は2店舗)、先日その取引先がTOBされたので内情を聞いてみると、友好的な業務提携に近いので実情は何も変わらないと安心するお言葉をいただけました(実は結構不安だった)。

これは一例ですが法人様と取引をするにあたって、1日で状況が一変しまうこともあります。
今の状況を把握しておかないと準備もないまま致命傷を負ってしまうこともありますので、いかに相手の情報を知ることが大事なのかわかっていただけたんじゃないかなと。

これらは当たり前に考えることなんですが、せっかくなので普及員の方に営業をしたことがありますかと聞いてみました。

「その質問は公務員にするものではありませんね。」

・・・

そりゃそうだわ。

顧客目線


私が個人情報を好きでさらけ出しているわけではないんです。
出来ればひっそりと暮らしていきたい人間なんですが、どこの誰かわからない野菜を買わないですよね?
お客様が知りたいのは誰がどこでどうやって作っているのかという情報開示だと思いますので、当農園は丸裸です♪

それと同じように農家が何を求めているのかを考えることは当たり前だと思います(めっちゃストレートに伝えてますが笑)。

そこまでは求めませんので、私の考えが理解できないのであれば今までのようにそっとしておいてほしいと思う今日この頃でした。