hiraitakahiro

緑肥にしましょう♪

夏は雑草の勢いが尋常じゃない!!

しかし私の栽培方法は雑草を畑にすき込んでいくので、この雑草の勢いも土を豊かにできると思えば楽しいですよ♪
草を刈った翌日の畑はすっきりしていて個人的に好きです。

さあ、畑を見てみましょう!


写真 2016-07-17 12 26 21_R
オクラの周りは雑草が生い茂っております・・・早く刈らないと。

写真 2016-07-15 19 11 05_R
野菜を栽培した後は出来るだけ早く片づけをしたいですね。
栽培時にはこの黒いビニール(黒マルチ)を張ることによって雑草を抑制し、地温を上げることができるのでマルチを剥がした後でもしばらくは雑草が生えません。
私としては1日でも早く雑草で生い茂ってほしいので早めに剥がしておきたいところです。

写真 2016-07-17 10 18 16_R
雑草が生い茂った畝を耕していきますが、この畝もほんの1か月前には土が見えていたんですよ。

写真 2016-07-12 13 09 22_R
ブロッコリーを育てていた畝。
これを今年購入したばかりのハンマーナイフモア(ハンマーナイフモア買ったど~)で一気に土へ還してやろうと、黒マルチが張ってある畝の上でエンジン全開!!

「ブィーーーン!!」

・・・

ブロッコリーと一緒に黒マルチが…
写真 2016-07-12 13 18 30_R

粉々に( ;∀;)

写真 2016-07-12 13 40 49_R
この黒マルチの破片を完全に集めることは不可能ですが、可能な限り集めて2時間ほどのロス。
これには心が折れましたね。

しかし!!

そんなことで諦める私ではありません。
考えた結果、敗因は畝で沈み込むタイヤだと判断。
タイヤが沈めば前面で回転している刃も当然低くなりますので、マルチを巻き込んでしまう。

ハンマーナイフモアにはタイヤではなくキャタピラのタイプもあり、そちらは値段がかなりアップしたので断念しましたが、キャタピラなら問題なくクリアできたのかなとも思います。

そこで片輪だけなら沈みも浅いので、片輪だけマルチに乗せて走らせてみようと思い実践!!

写真 2016-07-12 15 25 43_R

成功(*^^)v

とはいえ、時々失敗もしましたが最初のような悲惨な状況にはなりませんでしたね。

そしてもうそろそろやらないと間に合わない、太陽熱消毒。
写真 2016-07-17 12 24 31_R
写真だとわかりにくいかもしれませんが、このマルチは透明なんですね。
なぜ透明マルチを張るのかというと、高温で土壌を消毒するとともに雑草の種子も高温で発芽することがなくなりますので、真夏にニンジンの種をまくには必要。
透明マルチを張らないと雑草の勢いがめちゃくちゃすごいので、ニンジンを栽培することが出来ないことはないですがかなり手間がかかります。

最後に


写真 2016-07-15 19 35 09_R
気付けば夜も7時過ぎ。
7時ぐらいでも農作業ができるぐらいには明るいので、日中の超高温を避けて早朝と夕方に作業をするスタイルになっていきます。

真夏の昼間に畑で作業をすることは自殺行為に等しいですからね(^_^;)