hiraitakahiro

オクラをいじめないで。

夏の野菜と言えばトマト、ナス、ピーマン、そして

オ・ク・ラ♪

オクラは主力として活躍してくれるありがたい野菜なんですが、今年の栽培は一筋縄ではいかない。
この写真で分かりますか?
写真 2016-06-01 16 03 23_R

こんな感じです・・・(つまようじ?)
写真 2016-06-01 16 03 51_R
オクラの葉っぱをすべてカットされて、畑に残っているのは根っこだけ。

これは2回目にまいた種で、1回目ならず2回目もやれらてしまいました。
さすがにこれには参りましたね。

このせいで収穫まで2週間以上は遅れたと思います。
それは直接収入にも影響しますし、一番つらいのがお客様のニーズに応えることができないこと。

犯人はヨトウムシ(灰色をしたイモムシと言ったらわかりやすいかな)。
これからは種をまく前にしっかりと土の中にヨトウ虫がいないか確認し、いたら捕まえて畑の肥やしになってもらいます(ごめんなさいね)。

次の作業は苗を支柱に括りつけます。
写真 2016-06-01 12 57 23_R
細いのを使うと結んでいるときにポキッと折れることもあるので、できれば太いものを使ったほうが良いかもしれませんね。


写真 2016-06-01 12 51 30_R
ちっちゃいシシトウが出来てた!

わさわさ生えてしまったトマト
これではトマトの実にしっかりと栄養が行き渡りません。
写真 2016-06-01 10 56 28_R

トマトは芽かきといって、主枝と葉の間に生えてくるわき芽を取り除きます。
写真 2016-06-01 10 57 26_R
この作業は地味でとても面倒な作業です。
手袋にも緑がべったり、臭いもきつい。
写真 2016-06-01 12 00 50_R

この臭いがあまり得意ではありませんが、これで美味しいトマトが出来ると思うと自然に笑顔が出てきますね(*^-^*)
写真 2016-06-01 13 01 13_R

写真 2016-05-29 18 02 01_R
2畝使って、今年のトマトはこんな感じで栽培していきます。

雑談


新しい農地の契約書に印鑑が欲しいと言われ、市役所の農林グループへ書類の内容もほとんど見ずにポンポンと押してきた危機管理能力が著しく低い私ですが、カウンターにこんなシールが置いてありました。
写真 2016-06-02 18 52 01_R
私「何ですかこれは!?税金の無駄遣いですね笑」

…担当者の方が苦笑いしておりました。

なぜこんなに微妙なシールを作ったのか、農家の平均年齢は65歳以上ですよ(*_*;
(孫をイメージして作ったのかな?)

そういえば私の悩みを今までの知識、経験からスパーン!と的確に答えてくれていた農業普及員のMさんが異動のため、後任の方を連れて挨拶にこられてから早くも2カ月が経ちました、が!!

それ以降、後任の方からの電話もなければ情報提供(栽培方法、他地域の農家さん情報など何でも)も何もない。

Mさんとは今でも電話でアドバイスをもらっていますが、もちろん私にアドバイスをすることは仕事に含まれておりません(プライベート携帯ですし)。
ゴマすり野郎ばかりが出世していく行政は、まずいでしょ♪