hiraitakahiro

SNSについて

農家を初めてホームページからfacebook、instagramと(申し訳ない程度にもtwitter)やってますが、サラリーマン時代にはfacebookすらやっていませんでした。

なんで個人情報を自分から業者に差し上げる必要があるのかと。
そんな私が農家になると決めてからは当然私(平井農園)の存在を知ってもらわなければ野菜は買ってもらえません。

そんなわけで始めてみたら意外に面白い!

農家の立場からSNSについて書いていきたいと思います。

facebook
facebook_R


facebookは…かなりお世話になっております。
お客様からまたお客様へ、現代版の口コミとでもいいましょうか、地元に直接アピールできますし反響をリアルに感じれる最高のツールですね♪

お客様へ今の畑や野菜をリアルタイムでお伝えできることが素晴らしい。
お客様もfacebookを利用している人がめちゃくちゃ多く、平井農園を私に代わって宣伝していただけることもあり本当に嬉しい限りです。

それにお客様の投稿を見るとどんなものに興味があるのか、周りにどんな人が多いのかわかるので、直接お会いしてなくてもお客様を身近に感じることができ、例えば「パクチーにはまっています!」なんて投稿があったとすればこちらもパクチーを入れたりできますし。

お客様にとっても私がどんな人間かわかってもらえます。

ただ注意する点があり、それはネットワークビジネスや自己啓発を商売とする方々にとっても使いやすいツールだということです。
個人情報の集まりであるfacebookでは、その人の投稿を見ればどのようなものに興味があるのか一目瞭然。
カモを探しやすいんですね。

facebookをやっている人はネットに詳しくない人がかなりいます。
普段パソコンを触らない方でも友人がやっているからと始めるパターンが多い。

昔は卒業名簿を見て、
「久しぶり!今何してるの?」
なんてアナログな時代からSNSに舞台は変わっています。

皆様お気を付けくださいね。

instagram
insta_R


SNSの中で利用者数が一番伸びているのがこのinstagram。
写真がないと投稿できませんので、あくまで写真がメインのSNS

このinstagramは農家にめちゃくちゃ合ってます

なぜ農家に合っているのかというと写真(イメージ)で直接伝えることができること。
雨上がりの畑で太陽に照らされる野菜なんて言葉で言われても、人それぞれ頭に浮かぶイメージは違いますが写真を見てもらえれば一発ですよね。

facebookでも良いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、instagramは写真を魅せるツールですので標準でいろんなパターンの特殊効果を使えますので、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができます。

ただ適当に写真を撮るだけでは逆効果ですので、写真が嫌いな人には向いていないかもしれませんが。

ちなみにtwitterは
twitter_R
ほとんどやっていないので正直なところよくわかりませんが、利用者数はinstagramに抜かれたとかなんとか。
mixiみたいに…とまでは思いませんが、コアなユーザーが何個もアカウントを持っているだけでこれ以上利用者が増えることはないと思います。

以上


facebook、instagramが農家に合っているツールだと思う、実際使ってみた私個人の考えでした。
私のように周りに農家がいない寂しい人にとってはリアルタイムで他の農家さんがどんな作業をしているのか、どのように作業をしているのかを見ることができるので勉強にもなります♪

私のような人間にとっては良い時代になりましたね。