hiraitakahiro

トマト、ナス、ピーマン植えました♪

夏野菜と言えばトマト、ナス、ピーマン

この野菜たちを失敗するとえらいことになります!

育苗(こちらもどうぞ)も1月末から2月上旬には種をまき、苗を育てて(毎日管理が必要)収穫は9月いっぱいまでできますから、絶対に失敗できない。

想像するだけで怖いですよ…

トマトはフルーツとも言えるぐらい甘いものが、スーパーで手軽に購入できる時代になりました。
そんな大人気のトマトを昨年は大失敗してしまったので、その反省を生かし今年は絶対に成功させたいと思うのですがトマトは難しい。

できればビニールハウスの中で作ることができればベストなんですが、それは来年あたりに売り上げがあるラインを超えたら作っても良いかなと考えております。

そして今年のトマトは昨年より種まきを2週間ほど遅らせました。

その理由ですが、昨年作ったトマトの苗は後半肥え切れを起こしてしまい、結局定植するまでにかなり状態が悪くなってしまったという残念な結果があります。

写真 2016-04-27 13 53 30_R
トマトの苗。

悪い苗もほとんどなかったので、少し苗があまってしまいましたが植え付け終了。
写真 2016-04-29 13 32 33_R
4月末に植え付けるのですが、GW付近で冷える日があります。
そのために不織布を夏野菜にかけていくんですが、当日は風がとにかく強くて4mぐらい不織布を伸ばすと風で身体ごともっていかれる!!

そのせいもあってめちゃくちゃ時間がかかりましたが、この作業をさぼって苗に何かあったら夏の看板野菜がなくなるので死活問題…

必死です( ;∀;)

不織布は保温、保湿効果があり手軽さもあってよく使います。
よくあるのが、ケチって巾135cmを買ったけれど実際に野菜が育ってくると裾がたりなくなってしまった…
180cmの巾があれば問題なくトンネルにも出来るのでお勧めです。

写真 2016-04-29 15 57 14_R
少し見にくいんですがトマト、ナス、ピーマンの上に不織布を被せております。

そして今回気付いた方がいるのかはわかりませんが、マルチを黒からシルバーに変えてみました。
研修先(当時)ではすべて黒マルチを利用しておりましたが、多治見の夏は特にヤバい!!

去年は山間部の畑を利用していたのでまだ何とかなりましたが、今年は平地で栽培しますのでかなりの高温が予想されます。

シルバーマルチは地温を抑え、虫に対して忌避効果もあるみたい(実際はどうなんでしょうか)なので使ってみましたが、もちろん普通の黒マルチより値段は高くなりますのであまり使いたくないのが正直なところ。

それでも多治見の暑さを考えれば必要な投資かもしれませんが。

そして夏と言えばビール!

ビールと言えば…そう、エダマメですね♪
写真 2016-04-29 13 40 00_R
今回も昨年と同様防虫ネットでトンネルを作りました。

防虫トンネル作成編


研修中は防虫ネットもほとんど使っていなかったので手間がかかるという印象でしたが、実際設置に慣れてくると時間はそんなにかからないので気に入ってます。

そしてトンネルを作る支柱はこのダンポールという柔軟性と強さをもった資材を使っております。
細いので地中に差し込むのも楽で助かる。

Uピンを使って裾を止めていきます。
一般的に言われるのが裾をびっちりと隙間なく土寄せする方法ですが、それだと雑草の根が網目と絡んでしまい片づけるのがとにかく大変。
実際に裾の土を落とす作業にかなり時間と体力を奪われました。

穴が開くのであまり使わないほうがよいと農業普及員の方には言われましたが、雑草でもえらい太い根を伸ばす雑草もあり、防虫ネットがかなり傷みましたので今のところこの方法でトンネルを作っております。
ただ隙間がどうしても出来てしまい、一度害虫がトンネルの中に入ってしまうと天敵がいない害虫にとっての天国になってしまいますので、気になる方はしっかりと土寄せしたほうが良いですよ。

最後に支柱と防虫ネットを天井部分で固定していきます。
固定しないと風が吹くたびにダンポールと防虫ネットがずれていき、最終的にトンネルではなくべた掛けになってしまいますので注意(笑

シェフに続いて個人のお客様も畑に来てくださいました!

名古屋にお住いの方なのでなかなか畑にきていただく機会も少ないですが、出来る限り時間を作りますので畑の見学希望の方はご連絡くださいね♪
写真 2016-04-27 9 14 11_R