野菜について

スポンサーリンク
blog

有機野菜の安定生産と課題

まず端境期とは? (端境期をなくそう、省スペース、多収量のコンパニオンプランツ、一年中野菜を出荷するために) とまぁ、端境期については過去にもたくさん書いてはいますが、未だに苦労してますよ笑 今年はそれでも過去の反省を生かして、品目数もかなり充実してきました。
blog

植物工場の可能性

植物工場は多額の投資に対して商品単価は高くても200円そこそこの野菜(卸値は当然もっと安い)。 当然リターンが少ないので大量生産、大量販売が必須条件です。 しかし全体の75%が赤字とも言われ、補助金を投入した宮城県仙台の植物工場、農林水産省と経済産業省も力を注いだ大手も倒産。
blog

F1と遺伝子組み換えとゲノム編集と野菜

有機農業を学ぶ上で避けては通れないテーマ、遺伝子組み換え。 スーパーでもよく見ますよね? 「遺伝子組み換えでない」 というパッケージに書かれた表示(ビオってなんだ?)。
blog

農家の数だけ有機野菜がある

多治見の土は粘土質、その粘土質のメリットを最大限生かすため有機物を投入!一般的な牛糞堆肥などではないので発酵の具合が気になるところではありますが、生ではないので比較的早く分解されると予想。分解促進のため米ぬかを投入。
blog

氷点下の畑から

寒い...寒すぎる!! 軽トラのフロントガラスも毎朝こんな状態。 こんな寒い時期は畑仕事も限られてきますので、春に向けての準備がメインです。 畑で作業しているとこんな感じで市民農園の方が集合。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました