本当は危険な有機野菜

世間一般では安全、安心を謳い販売されている有機野菜

この漠然としたイメージについて、実情はどうなのかを書いていきます。

有機野菜は農薬を使っている!?


実際は農薬を使用することができますので無農薬野菜ではありませんし、有機野菜で使用を認められた農薬の使用、不使用にかかわらず有機野菜と呼ばれます。

そして肥料は化成肥料を使わずに、鶏糞などの動物性肥料、なたね油かすなどの植物性肥料を使えば有機野菜。

そして有機野菜というのは誰でも名乗っていいのではなく、法律がちゃんとありまして「有機農業の推進に関する法律」では「有機」、「オーガニック」などのキーワードを使うには有機JASという認定を受けなければいけませんよと決まっております。

名乗ると表現させてもらいましたが、販売の際に誤解を与えるなという意味合いから生まれた制度らしいです。

ですので私(もちろん有機JAS認可は受けておりません)が有機野菜を作っていると名乗るのは問題ないですが、商品に有機野菜やオーガニックと表示するのは違法だということ。

余談ですが、 先日スーパーで有機JAS表記の納豆がありましたので珍しいなと思いつつ、いつも通り原材料表示を見てみると大豆アメリカ産と表示が。

今まで勝手に有機JASは国産だと思っていた私にとって衝撃でした。

海外でも有機JASの条件を満たしていれば表示できるんだと。

有機JASの認定には圃場、関連施設の検査があるわけですが、その認定をする業者がおり海外にも対応しているから、アメリカ産で有機JASがありえるという事が理解できました。

ただし海外から日本へ輸入する際に防腐剤も何も散布していないのでしょうか。

調べてもこの点についてはわかりませんでした。

自然農薬とは?


有機野菜自身が発生させる自然農薬と言われるものもあります。

農薬を散布し害虫に対処する方法では人体における危険性の指摘もあり、その点はまた農薬についてまとめていきたいと思いますが、農薬を散布しないと害虫に対して無防備な状態です。

ただ野菜も防戦一方ではありません(植物のようにのんびり生きたい)。
虫に食べられないように自身から虫を殺す物質を出す事がわかっております。

その物質が農薬と同じぐらい体に悪い影響を与えるので、安全性が認められた農薬よりも悪影響だという意見。

近畿大学森山教授によると、農薬を使用して育てたリンゴより無農薬で育てたリンゴで多くのアレルゲンが検出された。無農薬で栽培され病原菌や害虫から何らかの攻撃を受けた野菜や果物は、自らを守るための防御物質を多く作り出す。アレルギーを発症するリスクは農薬を使用した作物を食べる場合よりむしろ大きくなるとのこと

この意見に対しては100年にも満たない現代農薬よりも、野菜自身が発生させる農薬を私は選ぶかなという単純な思いがあります。

トマトは食虫植物!?でも書きましたが、これらの植物を今までの人類は食べてきた歴史がありますので、これで無農薬は危険だから農薬をなんて事にはなりません。

そもそも虫害がない野菜を無農薬で作る場合には、物理的な防除も行いますのでその際には防御物質も作られないので危険性もないと言えます。

有機肥料は危険!?


平井農園では動物性肥料で醗酵鶏糞を現在使用しておりますが、人によってはそこに病原菌や抗生物質の影響を心配する人もいますので、申し訳ありませんが気になさる方は当農園の野菜購入はお控え下さい。

※2018年3月時点で発酵鶏糞の使用は止め、米ぬか(慣行農法)と菜種粕(無農薬)を使用しております。

醗酵鶏糞は醗酵処理中に鶏糞自体60~70℃くらいの熱が長期間続き、たいていの抗生物質は残留していたとしても分解されるので、そこまでの影響はないと考え使用しております。

このような情報で野菜購入を考える事が全てだとは思いませんし、そこまで小難しいことを考えて野菜を買わなくてはいけないのかはわかりませんが、少しでも野菜を選ぶ参考になればなと。

有機野菜としてのネーミングだけで選ぶのではなく、どこで誰がどのように栽培しているのかをしっかりと吟味しながら野菜を楽しんでいただきたいと思います