有機野菜の需要

ネットで有機野菜、無農薬野菜、宅配、配達等のキーワードで検索するととんでもない数のホームページが!

そんな無数にあるのであれば、当然需要があるんだろうなと思われるかもしれませんが実際はどうなんでしょうか。

有機農業について調べてみましょう


全国有機農業栽培面積は1.6万ヘクタール(よく比較対象とされる東京ドームでいえば3,404個分)農業全体では461万ヘクタール。

わずか0.4%…

内訳は有機JAS圃場が半分、それ以外が半分。
有機JAS圃場以外も有機農業、有機農家、有機野菜を作っていると名乗るのは国として問題ないみたいです。
※有機JAS認定を受けていない事業者が商品に有機野菜、オーガニック等と表示するのは違法。
国としては有機農業の割合を現状の0.4%から、概ね平成30年度には倍増させたいとのこと。

ちなみに有機農業といったらどこの国を頭に思い浮かべますか。

私はフランスが一番に思いつくのですが、そんなフランスでも栽培面積は4%、ドイツは6%。
※農業全体の栽培面積に占める割合。

世界的に見ても有機農業は少数派ということです。

なぜ慣行農業を選択しないのか、その理由の一つには外需依存度が有機農業と比べて高いということ。
日本が置かれた状況は86年前と何も変わっていないと思いますので、それに対応するにはキューバと同じやり方なのかなと思います。

有機農業を魅力の一つには資材がないならないで何とか出来てしまう点。

なくてはならないものを奪われてしまった(急激な値上げ含む)場合のリスクヘッジの意味合いもあります。

さすがに種を奪われたらさすがに諦めますけどね(モ〇〇ントさんご勘弁を)。

需要があればこれだけの栽培面積割合(0.4%)なわけがない


実際にはそれほど需要がないということ。

需要があればもっと栽培面積が増加しているはずですが、その推移を表すグラフを農林水産省のサイトから見つけることが出来ず。

とにかく見にくいし、調べにくい。

野菜の生産量は平成13年が2万トン、平成25年が4万トン強と増加傾向にはあります。

しかし新規就農者は平成26年に昨年と比べ4万人も増えており、その中で約3割が有機農業を希望しているとのことから1,2万人ぐらい増えていると予想しますが、データが地域別でデータ数がとても少ない。

私の探し方が悪いとは思いますが、ぱっとわかるようなものが出てこないと言うのは「有機農業の推進に関する法律」を掲げながらどうなのかなと思います。

大手の売上はどうなんでしょうか?


らでぃっしゅぼーやは2012年にドコモの完全子会社化。
それに伴って上場廃止になっており詳しくはわからないのですが、その後は売上も上がっているとの話です。

オイシックスに関してはこちら。
オイシックス(株)が11日発表した2016年3月期第1四半期(4~6月)決算は、売上高が前年同期比15%増の47億1900万円、営業利益は同237.7%増の1億6100万円、純利益は同247%増の1億700万円となった。売上高は15期連続で過去最高を記録し、新規会員獲得の販促費を調整したことで営業利益は前年同期の約3.3倍となった。

儲かってますね

ということはニーズは増加しており、確実に業界は賑わってきているのかもしれません。

それと私のような極小農家が儲かることがイコールではなく、あくまで大手の話だと思います。

私と同じ規模の農家は明らかに増加しており、その全体が儲かっているのかといえばNO。

大手スーパーと町の小さな八百屋で例えると、大手スーパーの売上が伸びているから小さな八百屋も同じように伸びているのかと言えば逆で、小さな八百屋は淘汰され続けてきたというのが実態です。

私個人的には全体のお客様は微増、その大半を大手が獲得。

私のような農家は増えてはいるが、そこにアプローチしてくるお客様の数は変わっていないと感じます。

「これからは安全な野菜がどんどん売れるわよ。」


お客様からこのように言われることが多いのですが、これも10年以上前からずっと言われ続けてますし、その大半は大手にいかれるんじゃないかなと。

私はいかに大手と同じステージで勝負しないか、安全安心な有機野菜だけを前面に押し出した売り方をしないという考えを念頭に営農しております。

小規模農家はきっと今までもこれからも、先進的な考え方をした人しか生き残ることはできないと思いますから♪