たった150万円で1年を売ってはいけない

何度も過去に書いてきました青年就農給付金(新規就農の手引き(有機農家ver)が変わるようです。

簡単に説明しますと、条件はありますが国から年間150万円を一定期間給付しますから農業しませんか?という制度。

農林水産省のホームページには書いてないのではっきりとしたことは言えませんが、現場の話(ぼかします)では青年就農給付金がより厳しくなった(?)みたい。

たった150万円と書きましたが当然150万円は大金ですよ、その真意は・・・最後までお読みください。

こんな簡単に!?


審査ももちろんだと思いますが、青年就農給付金の審査時に5か年の営農計画を提出します。
返金になるのは農業を継続しない、ルール違反などの場合ですが、次回からは返金条件もかなり厳しくなるらしく安易な給付金受給は減るのかもしれません。

実際に給付金を貰ってリタイアした方もいらっしゃいますが、正直なところこんな簡単にお金を渡して失敗したらはい終了、お疲れさまでしたなんてすごい制度です
私は受給している立場ではありますが、地域によって給付金のハードルはバラバラ。

多治見市のように有機野菜を自分で売りますよというスタンスで青年就農給付金を受給している人間は未だに私だけ&農業が盛んな地域ではないということもあり面談は1対8ぐらいでした。
他の地域では書類を送ってはい終了、給付金通ったよなんて言われビックリ。

青年就農給付金はいらない?


給付金制度に潜む危険性ですが、給付金があることで本来営農できない人間が営農出来ていってしまい、給付金がなくなったら離農して終わり。
営農していける人はそもそも給付金がなくてもやっていけるという考え方もあります(私もこの考え方)。

今回の青年就農給付金は生活費に使って結構という制度になるので、「青年就農給付金は生活保護費だ!」なんて揶揄されることも。

個人的には生活費にお金を使うのは違う、営農スピードを加速させるために使うべきだと私は考えますのでどんどん農機や資材に投資。

給付金がなければないで違うスタンスで営農していけばいいだけです。
昼間農業をして夜は居酒屋でも何でも働く場所はありますし。

今は新規就農者を支えるために農地中間管理機構なる機関がありますが、その機関が畑としてしかっり使えるように整備をしてから貸し出すようにするとかなんとか。
本当に整備をしてくれるのであれば、私のように農業へ向かない場所の人間は給付金よりもスムーズに営農できたと思います。

何度も登場している水捌け極悪の畑は未だに解決しておりませんし、いくら投資したのか怖いぐらい。
畑の整備に税金を使っていただいた方が私にはメリットが大きいと思います。

最後に


今回の話が本当であれば、現場視点から新規就農者に対して本当に必要とする支援の在り方が見つかったような気がします。

本来営農していける人をより早くご飯が食べていけるように加速させるという意味の給付金。
これは賛成です。

1年間という時間を150万円で売るのはどう考えても割に合いませんし、野菜が売れなければ当然売り上げもないですから、初期投資を含むとプラスどころかマイナスですよ。

しっかりと考えてから就農を目指しましょう♪