人生初講演会

以前近所の飲食店様(の奥様)から野菜セットをご注文いただきまして、それをきっかけに定期的に食事へいくようになりました(ビールにこだわりがあり、美味い!)。
そこの店長からお誘いを受けたのもありますが、人生が変わったとまで熱く語るその姿を見て「人生とは経験」を座右の銘とする私(今日決めました)としては一度ぐらい経験しても良いんじゃないかなとの思いもあり、人生で初めてそれなりの金額を払っていざ講演会へ参加することに。

それではいったい誰の講演なのか、一応伏せておきますが三重県出身のF・Nさんという結構有名な方(らしい)。
私は人様に誇れるような人生は歩んでおりませんので、このような集まりには警戒心マックスになってしまうのですが、妻にも変な壺とか買ってこないようにと念を押されてました。

そして会場となるお店に集まったのは3,40人ぐらいでしょうか。
まずここで私が一番にチェックするのが集まっている人たちの目です。
今までの人生で怪しい方たちを普通の人よりは多く見ていますので…
違和感がある方はちらほらといらっしゃいました。
司会、店長の挨拶が終わったところでF・Nさん登場。
本人の登場までにみんなのテンションを上げ、そこに本人登場という深層心理を上手く使ったテクニック(基本ですね)だなとまだまだ警戒レベルが高い捻くれた状態で見てました。
まずご本人を事前に知っている方(ファン)が8割ぐらいでしたので、これが危ない集まりだったらかなりの確立でやられるなと思いながら話を聞いてましたが、カリスマ性が半端じゃない(あっという間にやられた)。
話も当たり前のように上手いですし、頭も切れ、ストーリーも抜群。
有名人だとあの黒カンパニーで有名(?)なM・Wさんに似ているのかなと思いました。
イメージが先行してとんでもない悪人みたいに言われていますが、おそらく実際に会ったらファンになる方が多いんじゃないでしょうか。
私は実際に会ったこともないですしファンではありませんが、1代で会社をあそこまで大きくできる人が普通の人なわけないですよね。
周りにたくさんのファンがいたからこそできたことですし、仲間も部下も誰もいない人なら無理。
労働基準法なんて関係ない、あなたの下で一緒に夢を見たいと思わせる何かがきっとカリスマ性なんでしょう。
こういったタイプの方と10代の頃に出会っていたらかなり影響されていたと思います。
自分自身は騙されやすいタイプで実際過去に何度も騙されていますし、それをわかっているから妻に釘を刺されたわけです。
そしてこの方は魂を削って生きていると思うほど自分に厳しい方で、まず商売人(飲食店)として成功されていることが基本にあり、言葉の選び方から姿勢までとても素晴らしい方でした。
ここまで光が強いとそれに誘われて人が集まってくるのは当然かなと。
ただ光が強ければ強い人ほど陰も強くなると私は思いますので、そのあたりを少し感じた時に怖い人だなとも感じました。
普通の人が現実的に感じていない死を現実的に受け止めていることから、私とは根本的に違う人間です。
私は経営者の視点で常に物事を考えなければこれから生き残っていくことはできませんので、みなさんが揺さぶられていた心とは違う部分を見逃さないようにと注意しながら話を聞いていました。
最初からわかっていたことでしたが、私はまだそんなステージではなく、農家として一人前に飯を食っていけるだけの知識と技術、基本ができていなければ話になりません。
こんな未熟な人間を応援してくれている、一人ひとりのお客様の声に耳を傾け真摯に農業と向き合う時期なんだと確信しました。
そういった意味で今回は高いお金を払ってまで講演会に参加した意味はあったのかなと思います。

そして最後に、経験、考え、言葉の選び方、タイミング、声の抑揚、アドリブ、笑いなど全てが凄まじい経験と考え抜かれた結果なんだと思うと、同じ人間として自信がなくなってきますね(笑)。