農業は町内会の延長線

今年に入り人生で初めて町内会なるものに入(っていたみたいですが、実際の行事には一度も参加したことがないので実感するのは初めてだった)り『班長』となるものになってしまいました(笑

そもそも私と同じく、町内会に入っていることを知らない人が多いのではないでしょうか。
ニュースでも小栗旬と山田優夫妻が町内会への参加を拒否などでも話題になりましたよね。

お金は払っているけれど一体何をしているのかわかりませんよね、実際に私も知りませんでしたし。

町内会とはなんでしょうか


町内会の大前提としてあるのが相互扶助、助け合いの心ですね。
全国で家族がいる人はほとんど加入しているみたいですが、独身の方やマンション、アパートなど賃貸に住んでいる方は知らない人が多いはず、私もその一人でした。

身も蓋もない言い方をしますが、行政の下請けと考えていただいて問題ないと思います。

私がそう認識するには、行政が賄えない細かな地域の要請を町内会でまとめ、それらを行政に伝える橋渡しのような役割を持っているからです。
例えば、あそこの道は夜間暗いから街灯をつけてほしいなど(これら街灯を町内会費で賄っているのは理解できないですが)。
リサイクルゴミの当番などもありますが、平日の忙しい朝に1時間半も見張り(?)としていなくてはいけません。
普通に考えて働く人は無理ですよね。
写真 2016-05-11 8 03 21_R
人がずっといる必要がないとは思うのですが、担当によっていたりいなかったりとよくわかりません。

そしてもう一つメインとなるのが地域の行事ですね(餅つきやお祭りとか)。

これらを管理運営しているのが町内会というわけらしいのですが、今ままで町内会とやらに関わっていなかった人間にとっては頭に『?』マークの連発です。

町内会の必要性を考える


ストレートに言うと子どもがいる家庭では必要。

同じ地域に住む子どもたちとのコミュニケーションなんて当の本人は一切覚えておりませんが、親が一番喜んでいたような気がします。
182957_R
子どもを持つ親のコミュニケーションの側面が強く、田舎では参加しないと人間関係が難しくなる可能性が高いですね。

私自身は参加できるのであればしたいのですが、天気に左右される仕事ですので確約は厳しいのが現実。
妻も朝から夜遅くまで働いており休みまで…というのはかわいそう。

毎週のように届く回覧板(内容は主に防犯や地域の催し)、必要あるんでしょうか。
必要な方に対してのみポストへ直接お届けすれば良いような気がします。
孤独死を防ぐために定期的に顔を合わる必要があるという意見に対しては、受け取りサインが必要なお届け方法で解決。
財源は怒られるかもしれませんが(全く関係ないけれど)農政グループから持っていけばい良い、仕事してない人が多すぎる。

そもそも街灯やその他の細かい改善も行政の仕事。
リストラ指名制があったら(行政の人)辞めさせたいと思う人がたくさんいますけどね。

実際に町内会を抜けられるチャンス(?)みたいなものもあったみたですが、
「何かあったらどうするんだ!?お互いに助け合うのか必要だ!!」
と言われたみたいです。

町内会に入ってない人が困っていたら助けないなんてすごい話。
目の前に困っている人がいたら誰だって助けるし、町内会に入っているいないなんて全く関係ない話ですよね。

町内会は辞められない?


はい、辞められません。
d9d285f0da31658402ba0ae563eacc42_s_R
実際には最高裁判所で「自治会への参加、会費の支払いを強制することはできない。」と判決が出ておりますので、法律的には辞めることは出来るし、参加しなくてもいい。

けれど実際には無理ですよね。

最高裁判所で参加は強制ではない、etc…なんて言っても実際に町内会長をやっている人たちは主に60代以上の男性が大半。
それなりに地域で信頼がある方が多いので、そんな人を敵に回すようなことをあなたはできますか?

町内会と農業


多治見の農業ではお米がメインです。

米作りが始まる5月上旬に田んぼへ水を供給する水路の掃除をしなくてはいけませんし、そのような地域では草刈りもかなり頻繁に行わなければいけません。
163304_R
当然参加しなくてはいけませんし、2か所で畑をやっているので2か所で参加する必要があるんですが、私の事情を知っている人ばかりなのでそのあたりは助けていただいております。

町内会と同じく相互扶助、助け合いの心ですね♪

もちろん隣のおっちゃんが困っていたら助けますし、私自身何度助けられたかわかりません。
集会もありますが、米がメインの地域なのでほとんどありませんし私自身が農地を借りている身ですので立場的には楽ですね♪

ただしこれは私の話。
町内会で言うと独身、マンションアパート住まいと一緒ですのでいろいろと免除されているだけ。

実際にはその地域に住んでいる農家ばかりですから、町内会の延長線上に草刈りや水路掃除があると思います。

私は好きで農業をやっているので違和感も何も感じませんでしたが、2代目、3代目になると農業をやりたくない人がたくさんおり、その人たちがこれだけ頻繁に草刈りや水路掃除をやりたいわけがないですよね。

ちなみに8か所ぐらいに田んぼを借りて米を作っている農家さんは、8か所でこういったイベントに参加する必要があるのでめちゃくちゃ忙しい。
農業に従事している人たちはもちろんほぼ全員が65歳以上。
10年、20年後には誰も草刈りをやる人がいない、耕作放棄地が増えることは間違いありません。

民間だけで補うことは難しくなってきていると思います。

町内会も同じく高齢の方ばかりがメインで動いているので、そんなに遠くない未来に町内会と農業地域の管理、整備は大きな分岐点を迎えそうですね。

それと、お金の問題もありますが触れずにおきます。
私は全国平均の約2倍の町内会費を払っておりますが…さすがに詳しくは書けない(笑

町内会についてはこの本を読めばだいたいのことがわかると思いますよ。