またまたまたまた野良猫を保護

数日前から近所でニャーニャー泣いてましたがどこにいるのかわからなかったのですが、自宅正面のお宅の庭にいるのを家主が発見し、近所でも野良猫を拾う平井家と知れ渡っておりますのですぐにラインが届きました。

連絡をいただいた時は滋賀県にいましたが、状況を聞くとかなり弱っていると言っていたので急いで(安全運転で) 帰宅。

片目があいておらず、左の後ろ足も引きずっていたので失明と骨折の疑いが…

土曜の夜でしたので無理と思いながらも市内の動物病院に電話しますが当然出ません。
ただ日曜の午前中から1件だけ中垣動物病院がやっていましたので、翌日の朝一で連れていくことに。

以前にも蘭丸くんを拾ったときにお世話になっております。

9時から診察が始まるのでお金をおろして向かうと10分前にも関わらず、すでに3人ほど並んでおりました。
日曜にしか病院へいけない人もたくさんいるんでしょうね。

診察ではまず眼を診ていただきましたが目やにで閉じてしまっただけらしく、目薬をさすだけでグレイのきれいな眼がぱっちり!

我が家には淀という茶色の元捨て猫がおり、眼を閉じるときにシュッと眼の内側から出てくる白い膜があるのですが、

見えないかな~、その膜が常に出ているんですね。
当然病院へ連れて行きましたが、淀は瞬膜が飛び出ていても眼は見えているし日常の生活に問題はないので、あえて危険を冒してまで手術をする必要はないと言われました。

足と言えば蘭丸くんですが幼少の頃に骨折をして自然治癒したため、仮骨という骨が異常な状態でくっついてしまっており、今も左足のかかと部分に負担がかかるのか一部だけ剥げております。

猫じゃない別の生き物みたいですが、足の角度に違和感がありますよね。

これが子猫のレントゲン写真

正面から見ると右(左足)側の関節部分に少し白くもやっとしているのが・・・わかりずらいですね。
骨折はしていないものの、炎症している様子なので抗生物質で治療中。
まだ子猫のため、成長してこの足がどうなるのかは今のところわかりません。

次は血液検査の結果ですが白血病は陽性、エイズは陰性。

白血病に関しては薄く陽性と出てしまいましたが、本当にとても薄い反応なので母体の反応が出ている可能性が高いです。※白血病に関してはこちらの猫のウイルス病公式サイトで詳しく載っていましたので見てくださいね。

多頭飼いの場合は同居している猫たちに感染してしまいますが、この子1匹で買うのであれば何も問題はありません。
※4カ月後にもう一度検査をすれば確実

多頭飼いの場合でもワクチンがあるので、年に一回他の猫たちへ処方するだけで(100%ではありませんが)大丈夫だと先生には言われました。

現在平井家では犬1匹と猫が4匹いるので、今回はさすがにと思い飼い主を募集しております。
当農園へ直接電話やメールフォームからご連絡ください。

これ以上不幸な連鎖を止めていただくために去勢手術と室内飼いを希望いたします。
責任を持って最後まで面倒を見ていただける方のご連絡をお待ちしております。

最後に


情が移らないように気を付けてはいますが、毎日世話をしているとどうしてもね。
早くみつけないと(-_-;)